レディ

評判のいい名古屋総合法律事務所なら安心して任せられる

成功しやすい商業形態

相談

知っておくべきポイント

フランチャイズとは、本部と加盟店からなる事業展開の一方法です。本部が売り上げ予測と立地の選定を行い、ノウハウも提供するため、加盟店は経営がしやすく成功しやすい商業形態です。フランチャイズの成功率は80パーセント以上ともいわれていますが、逆にいえば10パーセントを超えるケースでうまくいっていません。そのため、トラブルとなり、弁護士に相談するケースも増えてきています。フランチャイズトラブルでよくあるのが、売り上げ予測ほど売り上げがのびない、経営指導がなく軌道にのらない、同じ商圏に新しい店舗ができたなどです。フランチャイズは法規制があいまいな点が多いので、こうしたトラブルが起きやすいのです。トラブルが起きやすいのは、加盟店が一般消費者と同じ感覚で契約してしまうのも一つの原因です。加盟店は一般消費者ではなく事業者であるため、本部とは対等な関係と見なされ、責任が大きくなっています。そのため、契約前にきちんと契約書の内容を確認し、不利な条件がないか、契約違反時やトラブル時はどうしたらよいかなどを注意しなければなりません。疑問点があれば、契約前の段階で弁護士に相談する方がよいでしょう。弁護士に相談するのは金銭がかかるため躊躇する人も少なくないですが、早い段階で相談した方が総費用は少なくてすみます。弁護士に相談する前は、どこに疑問を持ったのか、なぜ疑問に思ったのか明確にしておきましょう。自分自身でもある程度の法律知識を得ておくことも重要です。