レディ

評判のいい名古屋総合法律事務所なら安心して任せられる

後遺障害の慰謝料請求

事故

専門の弁護士に依頼する

横浜市内では、毎日、多数の交通事故が発生しています。横浜市内では、交通事故により多数の死者やケガ人が発生しています。交通事故には加害者と被害者がおり、交通事故の被害者は、加害者に対して事故による治療費、慰謝料、自動車の修理代などを請求することになります。もし、被害者が死亡した場合には、死亡しなかった場合に得られた考えられる遺失利益や慰謝料などを請求することができます。ケガをした場合には、病院等での治療費や慰謝料など請求することできます。しかし、ケガの具合によっては完治せずに後遺障害が残る場合があります。後遺障害が残る場合には、後遺障害の慰謝料を請求することができます。後遺障害の認定には、医師の診断書が必要です。交通事故の治療の多くは、整形外科などの病院や整骨院などで行われています。治療の初期の段階では、整形外科へ通院する場合がありますが、治療の後半の段階では、整骨院へ通院する人が多くなります。会社で働いている人は、治療のために平日の整形外科の診療時間内に通院できない場合があるでしょう。しかし、整骨院の中には夜遅くまで診療しているところがありますので、整形外科よりも通院しやすくなっています。整骨院の施術者は医師免許を持っていませんので、後遺障害の診断書を作成することはできません。そのため、後遺障害が発生する可能性がある場合には、定期的に整形外科へ通院して、医師の診断を継続的に受ける必要があります。後遺障害の慰謝料を請求する場合には、弁護士に依頼することが効果的です。横浜市内には、交通事故の示談交渉を専門に行う弁護士が多数います。弁護士に相談する場合には相談料が必要ですが、横浜市内にある弁護士会などが主催する無料の法律相談会を利用すれば、初期費用を抑えられるでしょう。